キューズベリーの抱っこ紐はジッパータイプだから装着簡単で安全

前開きジッパー採用で装着が簡単

 

キューズベリーの抱っこひもは色々と驚かせてくれますが、その最たるものは、前開きジッパーです。
今まであったようでなかったのがこの前開きジッパーです。
これが便利なので感動します。ずばり、抱っこ紐を脱がなくても、赤ちゃんを降ろすことができる!のです。
赤ちゃんをあやしたことのある人ならば皆同じですが、やっと寝付かした赤ちゃんをうっかりと起こしてしまったときのあの悲しみは筆舌に尽くしがたいものがあります。
寝付かせるのに手間がかかっていたら、その分だけがっくりきてしまいますね。
「やっと寝てくれた。これから私の時間だ」と思って、赤ちゃんを抱っこ紐から降ろそうとした途端に、『背中スイッチ』がブンと入ってしまって泣き出されたことって多くの人が経験していると思います。
でも、安心してください。キューズベリーの抱っこ紐なら、前開きジッパーがついています。
母親との一体感を保ちつつ布団の上におろせますので、赤ちゃんは眠りの世界から起き上がってくることはないのです。
これはつまらないメリットなのかもしれませんが、私のような普通の母親にしてみると、大変なメリットであると断言できます。
それにコートや、ジャケットを着ていても、前開きジッパーの威力は大きくて、コートを脱がなくても赤ちゃんの移し替えが可能です。大丈夫!
その次は、「前開きジッパーが付いた分、強度面が大丈夫?」かなという風に普通の人ならばなりますね。
前開きジッパーの抱っこ紐にも、きちんと、第3者機関である一般財団法人ボーケン品質評価機構が強度実験検査が行わっていて、結果も公開されています。
なんと、108kgの負荷にも耐えられるという結果が出ています。
108Kg体重のある赤ちゃんはいないと思うので安全面に関しては全く問題ないと言えるでしょう。!

デザイン性も優れているので幅広い年代のママに人気

 

キューズベリーの抱っこ紐は、だいたい200g〜540gほどの超軽量です。
手元バッグに収納することが可能です。
デザイン性が優れていて、軽量なだけでなく折りたたんだ時にかさばらないようなデザインになっています。
着け易さも重要なポイントですよね!
キューズベリーの抱っこ紐は、赤ちゃんをスポッと中に落とし込んで、そのまま、チャックを閉めるだけの構造なので、楽に着用することが出来ます。
なんといっても装着に必要な時間は、およそ10秒で完了です。だっひひもに限らず、このように短い時間で
対応できる赤ちゃんアイテムは忙しい新米ママにはありがたい存在となっています。
そしてその商品は、ひとつひとつ手づくりのオリジナルデザインになっています。
そして特許申請中の新技術で、肩腰にかかる負担が半分になっているので、長い時間抱っこひもを使っていても疲労感が全く違います。

抱っこひもはやっぱり日本製

 

キューズベリーの抱っこ紐は、日本の職人さんの完全手作りで、当然、純日本製であります。
物作りの日本の職人のこだわりがたくさん詰まっています。
キューズベリー社のそんな日本の職人さんと「最高の抱っこひもを作りたい」という思いから、全国の裁縫会社さんに声をかけました。
そして出会ったのが新尾道で裁縫会社を営む社長さんでした。
縫製業界に入って早42年の超ベテランが日本人の体型に合わせて、一つ一つ丁寧に、手づくりで縫いあげています。
生地にもこだわり、ハンプ生地に洗いざらしの風合いをプラス下物作りを心がけています。

]キューズベリーの口コミや評価

 

他メ―カ―の抱っこひもを使ったことのあるユ−ザも含めて色んな口コミや評判が集まってきています。
抱っこひもに押さえつけられている赤ちゃんがあまり苦しそうではなくて、むしろ快適そうに見えるというのが大変多かったです。
キューズベリーの抱っこ紐はだっこもしやすく、おろしもしやすいので大活躍しそうです。
またお母さん等の肩への負担も腰に分散させても体感として非常に軽く感じという声も沢山ありました。